スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワンルーム・ディスコ
今日FMで流れてました。
あーちゃんがキレイになってる。


スポンサーサイト
Squarepusher「Just A Souvenir」
何年ぶりかの再会、スクエアプッシャー。

テクノ畑のジャズだと思っていたら、今回は完全にロックだった。
繊細な細い音はそのまま、ベースとハードロックばりのギターが完璧。
ふざけてんの?というくらい、なんとも自由な編成でとにかくカッコいい。

そして稀に見る美しいジャケ。ツルツルしてます。

Squarepusherの美しいジャケ
perfume 「GAME」
perfumeの新譜がオリコン1位らしい。
テクノポップでオリコン1位はYMO以来25年ぶりらしい。
てかテクノポップっていっこのジャンルになったのか。

GAME

わが家には、発売日にCDが届き、パソコン仕事のお供は専ら彼女たちである。
テレビにもよく出るようになって、もう方向性が完全に固まった様子。
今年は紅白出るのかなぁ。

本当は「チョコレイト・ディスコ」のPVを切望してたけど、残念ながら入ってない。わが家はこの曲が一番のお気に入り。そして娘が「チョコレイト」という言葉を覚えたのはこの曲のおかげである。

ダンスと音も然ることながら、よく聴くと歌詞がなかなか良い。
もうすぐ三十路の男が書いたとは思えないほど…恐るべし田中ヤスタカ。

ちなみに、小島よしおダンスは彼女たちが元祖だ(と思っている)。
きれいな映像が上がっていたのでリンクしときます。

イン/レイボウズ
Radiohead
「In Rainbows」

Radiohead「In Rainbows」

10月にダウンロード販売をしていた新譜。
子供のためのMedeski
Medeski Martin & Wood
「Let's Go Everywhere」

medeski

メデスキーのお子様向けアルバム。
ボーカルと子供たちの声があちこちに散らばっていて、なんだかとっても楽しい。

勝手な想像をすると、野外で子供たちとおじさんが遊びながら楽器を手に気ままに歌って踊って…という感じかな。

半分くらいがボーカル入りっていうのがなんとも新鮮です。
そしてジャケがなんともカワイイ!

今回はLittle Monster Recordsというレーベルから出してます。トップ右で試聴可。
http://www.littlemonsterrecords.com/
Belle & Sebastian
年に数回、必ずベルセバを聴きたくなる。
そういうときは、全部のアルバムを順番にループで聴く。

Belle & Sebastian

マイベストはこの2枚。
手前、赤の「If You're Feeling Sinister」(2nd)と奥緑の「The Boy With The Arab Strap」(3rd)。気づいたら、もう10年前のアルバムになってしまった。

心がつらいとき、苦しいとき、切ないとき、必ず聴いてたのがこれだった。
大人になった今はもう落ち込むこともあまりないけど、落ち込んだときにはひたすら同じテンションの音を聴き続けるのが一番だ。とてもやさしく心に響く。

その頃の記憶もあってだろうか、今でも聴くと胸が苦しくなる。
そんな青さが懐かしくて、ふと思い出したように聴きたくなるのかもしれない。
本日の3枚
タワレコにて仕入。

本日の3枚

写真上から、

BATTLES 「TONTO+」
インストロック。
音の扱いがスバラシイ。PVもスバラシイ。全てスバラシイ。
ある意味感動してしまった1枚。
音好きは全員聴くべし。

Money Mark 「Stand Up For Your Rice」

原点に還るインスト集。やっぱりこの人はインストが一番。
「音楽は楽器じゃなくてソウルだ」(だっけな)と本人が言ってるように、小学校にある楽器で演奏できちゃいそうな感じなのにめちゃくちゃカッコいい。
私にとってはいつもそこにあるマイホーム。
Digitalism 「Idealism」

ジャケ買いで大正解。
良い、気持ちいいの一言に尽きる。
全曲部屋で聴いてるのがもったいなすぎる。


あぁなんか、最近ってばデジタル傾向。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。