スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こうさく舎「くりくほ」
ほくりく、を逆から読んだだけの、そのとおり自然体なお店。
180年の町家を改装して一部を店舗にしているらしい。奥に工房があり、夫婦そろって作家さんのお二人が作品を作っているとのこと。

お店に入ると、奥さんがすぐさま麦茶を出してくれた。腰かけて小さな店内を見渡すと、今飲んでいる味のあるカップも商品棚に並んでいた。なんと味のある小湯呑。ごつごつしているけど愛嬌のある小湯呑は、お客さん用に1つずつ揃えていきたい感じ。

くりくほ店内
≫ [こうさく舎「くりくほ」]のつづきを読む
スポンサーサイト
無国籍雑貨「YOSHIDA BAZAAR」
たまに通る道に、ある日雑貨屋ができていた。ショーウインドウにあったカゴがどうしても気になって、家族を連れて出直した。

YOHIDA BAZAAR

お店に入ると、レジあたりで何やら作業中のお兄さんが顔を上げた。「あ、好き勝手見てってくださいね」と言われたので、ハイ、好き勝手見ますねと物色開始。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。