スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
餃子屋あき
手作りのもっちり皮を求めるも、皮がおいしい餃子屋はなかなかない。
そろそろ餃子屋開拓を始めよう。

餃子定食(500円)
07901.jpg
≫ [餃子屋あき]のつづきを読む
スポンサーサイト
不室屋 fu+cafe(ふぅカフェ)
一度は行かないと、と思っていた加賀麩不室屋のカフェ。デザートを食べに行った。

不室屋パフェ(900円)
07802.jpg

07801.jpg
姑娘(くーにゃん)
唐揚げがうまいと聞いてから数カ月。やっと来れた山中の姑娘。

唐揚げ+酢豚セット(1200円)の唐揚げ
07701.jpg

サイズはげんこつ大ほど。鶏もも肉をぐるんと巻き込んで丸い形にし、塩コショウのシンプルな味付けでカリッと揚げてある。中はぐるんとなっているだけに驚くほどジューシーで、たしかにおいしい。こういうスタイルの唐揚げは初めて食べた。揚げるのに20分かかります、とメニューに書いてるのも納得。
4歳児連れだったので、唐揚げをわざわざ切ってくれたのかこういうシステムなのかは不明。

セットの酢豚。ケチャップではなくソースが前面に出ている味。酸味はちょうどよく、お肉もボリュームがあってやわらかくおいしい。
07702.jpg

チャーシュー麺(700円)
07703.jpg
パキスタン料理・カレー カシミール
富山に遊びに行く途中、前から気になっていたカレー屋「カシミール」を偶然発見。
別のお店に行く予定だったランチだったが、ここに変更した。

13時すぎだったが、お客さんがいっぱいでしばらく店の入口で待っていた。
片付けはとっても手早いし、「待ってね」と愛想もいい。やっと空いたと思ったら、アゴで「あそこです」と席を案内された。このお店だからこそありな接客手法だ。

席につくと、まず前の人の飲み物の跡が拭ききれていない。まあそれもご愛嬌。お水がきて、メニューを見るもあちらの言葉と日本語が混じっていて正直よく読めない。メニューはリサーチ済みだったので戸惑いはなかったが、片言の日本語で「ランチ?」と一言。そうですと言うと、「チキン、マトン、豆、野菜?」(おそらく)と聞かれ、「カライ、フツウ?」(おそらく)と聞かれ、えっ?えっ?と聞きながらなんとか注文できた。この段階ではランチがいくらなのかは不明。

まず勝手に出てくるマンゴージュース
07601.jpg

次に、サラダプレート。キャベツ・きゅうり・トマトのサラダとスパイシーなごはん(ビリヤニというそうです)、チキンテッカの3点セット。ダイエット中ならこれだけでお昼ごはんになる。
07602.jpg

ごはんは味付けのムラがあるもののしっかりした味でおいしい。チキンテッカはもう少しジューシーだとよかったなぁという感じだが、味は十分。

そしてやってきたカレー(チキン)とナン2枚/人。
07603.jpg
ハンバーグの店 minyowl(みにょ~る)
お目当てのお店にふられたので、ハンバーグを食べに行った。

チーズハンバーグ(Mサイズ)
07501.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。