スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知らない間に
仕事が終わって子供のお迎えの時間。
急いでいたら、階段から落ちそうになった。

正確に言うと、半分落ちた。
勢いよく小走りで階段を下りていたら、ヒールが引っかかって体が宙に浮いた気がした。そのまま3、4段くらい落ちて、激痛が走った。正直、すごい落ち方をしたと思う。

反射とはすごいもので、とっさに手すりにしがみついていてなんとか落ちずに助かったようだ。カーン!ドタドタ!とすごい音がしたので、気づいた人は気づいただろうが、幸い周りに人がいなかったので、何食わぬ顔をしてそのまま足を引きずりながら階段を駆け下りた。

と、帰路を急ぐ母は足の甲から流血しながら保育園に向かったのだった。

先日は、出社して階段を上って、3階の扉の前まで来てようやくフロアを間違ったことに気づいた(うちの課のフロアは4階)。…ということが2回あった。車の運転も、なんだか昔より反応が鈍くなっていて我ながら危なっかしい。

いつまでも若いつもりが、体は確実に歳をとっている。
三十路って、思ったより転換期なのかもしれないなぁと思いつつ、傷口に絆創膏を貼ってあげるという娘に、未来の介護を見た気がした…。


コメント
この記事へのコメント
危ないねー。
昔より確実に体力のなさと、運動神経の鈍さを感じるよね。
運動不足か、年齢のせいか・・・。
私、この先自分のこどもが産まれたらたいへんだなってつくづく思う。
だから若いうちに産んでおくといいんだろうなって。いろんな意味で・・・。

2009/04/16|URL|ミュウ #-[編集
> ミュウさん
子供は体力のあるうちにどーぞ!産むときよりそのあと遊びに付き合うのがすでにしんどい。。
最近、よくつまずくしぶつけるし、視界も狭くなった気がするし(これは別?)、ほんと若くないことを実感するよ。。
2009/04/19|URL|miki #jQTfdwCM[編集
コメントを投稿する
URL:
コメント:
編集用パスワード:
秘密: 管理者にだけにコッソリ送信する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。