スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こうさく舎「くりくほ」
ほくりく、を逆から読んだだけの、そのとおり自然体なお店。
180年の町家を改装して一部を店舗にしているらしい。奥に工房があり、夫婦そろって作家さんのお二人が作品を作っているとのこと。

お店に入ると、奥さんがすぐさま麦茶を出してくれた。腰かけて小さな店内を見渡すと、今飲んでいる味のあるカップも商品棚に並んでいた。なんと味のある小湯呑。ごつごつしているけど愛嬌のある小湯呑は、お客さん用に1つずつ揃えていきたい感じ。

くりくほ店内
カップや湯飲み、各種の器は猫をモチーフにしたものが多い。店に入ってすぐ猫の匂いがしたのですぐ納得したが、実際猫を飼っているそうだ。他にもアクセサリー、帽子など個性的な各作家さんたちの作品が並ぶ。

ご夫婦とも気さくな方で、この近くに住んでいて、フラフラと散歩してきたんですと話すと、その情報だけでなぜか家がバレてしまった。町家に住む30代があまりいないからだろうか、一度目撃されていたらしい。

住居の吹き抜け娘がトイレを借りたついでに住居部分もちょっとだけ見せてもらった。さすが、180年前の梁は風格が違う。吹き抜けも元々のものらしく、とっても広い空間だった。


しばらく町家談義をしたあと、話すだけ話して結局何も買わずに出たが、店先まで出て手を振ってくれたのがなんだか人柄を表しているようだった。家を建ててから、器もそれなりのものを一つずつ揃えていこうという目標があるけど、その器候補がまた増えた。

昔から住んでいるという大きな町家。お店は左端。
くりくほ外観

◆こうさく舎「くりくほ」
石川県金沢市泉3-6-26
TEL:076-241-3890
営業時間:13:00~18:00
定休日:月・火
コメント
この記事へのコメント
いいねー。こういう店。
散歩していける距離なら、mikiんちから近いってことだ。

そうそう、欲しい作家さんの湯呑があるけど、一客の値段が高すぎて手が届かない・・・。

2009/05/21|URL|ミュウ #-[編集
> ミュウさん
有松交差点のすぐそばよ。2時間散歩の途中に寄った感じやから近くでもない?
私もほしい!と思う食器は多々あるけど、予算的に1つずつ買い揃える楽しみにしようと。。
2009/05/30|URL|miki #jQTfdwCM[編集
コメントを投稿する
URL:
コメント:
編集用パスワード:
秘密: 管理者にだけにコッソリ送信する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。