スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神音カフェ(羽咋)
築190年の古民家を改装したカフェ。能登へのドライブついでに、ランチをここに決めた。

メニューはカレーとコーヒーとケーキのみ。
サラダ・コーヒーセットで1000円ちょっとだったかな。
カレー

チキンカレーに、野菜のつけ合わせ。
一口食べた瞬間、「好き」と思った。あぁこんなカレーが自宅でも作れたら。スパイスの味が全種類分広がり、煮込み具合が絶妙だ。
子供用カレー

子連れにもうれしい子供用カレー。野菜もごはんの上のチーズもハート型。小さな子供がいるご夫婦が営んでいるだけに、メニュー以外にもおもちゃを用意してくれたり、そのへんの配慮がさすがな感じ。

コーヒー

食後のコーヒー。カップがまたおいしさを増強。
店内は古民家まんまなので、どこを見ても味のあるものばかり。古民家好きの私たちにとっては、異様に落ち着く空間である。

昔のままの建具

昔のままの建具。

大きな自在鍵と天井

大きな自在鍵と天井。

ガラス戸

今は絶対ないガラス戸と、奥にはコーヒースペース。豆と焙煎機が置いてあるっぽい。

暖炉

去年の冬導入したという暖炉。とっても暖かいらしい。

コーヒーと焙煎機

コーヒーと焙煎機

外観

外観はほぼ民家。というか農家。
道案内の看板がなければ絶対にわからない普通の家だ。実際に店舗以外は住居ということなので、このくらいの佇まいで正解なのかもしれない。

マーブルティック

こんな懐かしいおもちゃが。磁石がついたスティックで、3色の磁石を動かして穴に落とし、絵や模様を描くというもの。娘より、自分が楽しくて遊んでしまった。
こんなの今売ってないよなぁ。

05009.jpg



関連ランキング:カフェ | 羽咋市その他


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
編集用パスワード:
秘密: 管理者にだけにコッソリ送信する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。