スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ティーハウス Portico(ポーチコ)
加賀市。
田んぼの真中に、本格的なアフタヌーンティーを楽しめるお店がある。
前からあの建物はなんだろう?と思っていた場所が、そんなステキなお店だったとは。

アフタヌーンティーセット(1260円)
07102.jpg
本格的な食器とセッティング

07101.jpg
ハーフセット(1150円)
07103.jpg
ケーキ2種とスコーンがついてきた。
紅茶はヨガティー。シナモンとチョコのフレーバーティーだ。
よく見ると、エルメスのカップ。

下の段、ハムサンドとスコーン
07104.jpg

ハムサンドはマスタードが程よく効いて、紅茶とケーキの箸休め?にはちょうどいい。
それよりスコーンの味に驚いた。こんな美味しいスコーンは初めて食べた。全然カスカスしていない。
ひょっとして、手作りの焼きたてはみんなこうなるんだろうか?
というくらい、1個では物足りないくらいのスコーンだった。

上の段、クリームチーズ(カッテージチーズ?)のケーキとスポンジケーキ。
07105.jpg

チーズケーキはシュワッと口の中で溶けた。その中にチーズの粒が残って、舌で余韻を味わって食べる。
スポンジケーキはシフォンくらいふわふわだけど弾力がある。噛みしめると、卵の味がしっかり広がる。

チョイスしたのは「加賀の紅茶」
07107.jpg

加賀人の偏見だろうか、まず香りがやさしい。味もまろやか。
日本紅茶協会に「おいしい紅茶の店」として認定されているだけはある。
後味に渋みが全くなく、香りと甘みだけがほんのり残る紅茶だ。

店内はこんな感じ
07108.jpg

お店の入口
07109.jpg

看板
07110.jpg

このお店は、ケーキもスコーンもすべて手作り。
上品なオーナーさんと、その手際の良さがすばらしい。

おまけにこの日は、お客さんとして来ていた超ゴスロリファッションの3人組と、イギリス人(たぶん)の英語の会話のおかげもあり、さらに異空間と化し、5割増しくらいの特別な時間を過ごせた気がする。

そんな時間に満足して外に出ると、周りは一面の田んぼ。
そのギャップがまた、なんとも不思議である。




関連ランキング:紅茶専門店 | 動橋駅


コメント
この記事へのコメント
ポーチコさん、行きました!
手前は能登在住ですんで走った走った!加賀まで約3時間です。でも行った甲斐がありました。紅茶はストレート・ミルクティー・砂糖を入れてと3パターンでいただきましたが《邪道かもしれないけど》おいしかった。また機会があれば行きたいです
2010/11/25|URL|かりんとう #-[編集
> かりんとうさん
能登→加賀はほぼ石川縦断ですね~。紅茶がおいしいのは言うまでもないですが、和室が好きな私でもすごく居心地がいい空間でした。私もまた行きたいお店のひとつです。
2010/11/27|URL|miki #jQTfdwCM[編集
コメントを投稿する
URL:
コメント:
編集用パスワード:
秘密: 管理者にだけにコッソリ送信する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。