スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラッセリー ペイザンヌ (Brasserie Paysanne)
小松のフレンチレストランでランチ。
1050円のランチが4種類と、メインが選べる1200円からのコースランチが数種類ある。この日は能登ポークのコースランチ(1250円)を注文。夫はパスタランチ、娘はドリアランチにした。

自家製じゃがいもとにんじんと玉ねぎのスープ
09101.jpg

濃厚で玉ねぎの甘みがすごく際立っている。飲みやすいスープ。

自家製野菜のサラダ
09102.jpg

ここの野菜は、契約農家やご夫婦のお母さんが作ったものだそう。シャキシャキしておいしかった。
能登ポーク(これにライスかパンがつく)
09103.jpg

09104.jpg

付け合せはマッシュポテト、ブロッコリー、かぼちゃと、ナスとズッキーニのラタトゥイユ。一品ずつしっかり味がついていて味わい深い。焼き具合もちょうどいい。

09105.jpg

パスタランチのパスタ。エビのクリームパスタ。
09106.jpg

ドリアランチのエビときのこのドリア。5歳児でもペロリの味と量でした。
09107.jpg

コースランチのデザート。焼きプリンとコーヒー。
09108.jpg

写真ではわかりづらいが、このカップはかなり小さくてコーヒー5口分ほど。おなかがちょうどよくふくれるので、このくらいでちょうどいい。プリンのカラメルがちょっと多すぎて甘ったるいかも。最後はカラメルだけスプーン2杯分くらい残ってしまった。

パスタランチのデザート。マンゴーゼリーとコーヒー。こちらもゼリーは3口分ほど。
09109.jpg

ドリアランチのデザート。基本パスタランチと同じだけど、子供だということでオレンジジュースにしてくれた。こういう気遣いがうれしい。
09110.jpg

店内(奥)のようす。通常(空いているとき)は、この右奥を曲がったところのカウンタースペースか、4人掛けテーブルに案内してもらえるのかな。
09111.jpg

お店の外観。
09112.jpg

料理は、おいしいけどどれを食べても少し塩分が強いかも。もう一つまみ分塩を少なくしてもいいくらいだが、夫はちょうどいいと言っていたので、男性や濃い目の味付けが好きな方にはちょうどいいのかもしれない。

料理を運んできてくれた奥さん(たぶん)が気さくな方で、料理の説明はもちろん、子供たちにも話しかけてくれたり接客は気持ちがいいものだった。料理が出てくるのも早く、ランチの種類も豊富なので、また近くにくることがあればお邪魔したい。




関連ランキング:フレンチ | 粟津駅小松駅


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
編集用パスワード:
秘密: 管理者にだけにコッソリ送信する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。