スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
群青JBL
すっかり部屋に馴染んだわが家のnewスピーカー。
これをきっかけに、夫は仕事から帰ってくると毎日飽きもせずジャズを聴いている。

JBL4307
さらには、勢いでアンプとレコードプレイヤーまで買って、各機器がオーディオコーナーからあふれて見苦しい。何も今の狭い賃貸マンションで無理に買わなくても、とは思うけど、やっぱりCDもLPも音がよくてもう昔には戻れなくなってしまった。人はこうやって贅沢を覚えていくのだろう。

いつも夜遅いというのもあって、聴くのはひたすらジャズ。
たまには耳休めをと思っていたある日、娘が「これ聴きたい」と言って持ってきた(単に紙ジャケが好き)ジャックジョンソンを聴いてみると、これが良くてびっくりしてしまった。

というのも、当時タワレコの視聴コーナーで聴いてイイ!と思って買ったはずが、家で聴くと「ふーん」程度で残念CDと化し、それ以来ずっと棚の肥やしになっていたから。やっぱり生音系はそれなりの音響設備で聴くべきなのだ。

ほかにも、同じように視聴○、家×というCDがいくつかある。聴いてないのでどのCDかも覚えていないけど、そいつらも今聴いたら違ってきこえるかもしれない。
これもまた、オーディオの楽しみ方のひとつだろうか。


テーマ:オーディオ/ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
編集用パスワード:
秘密: 管理者にだけにコッソリ送信する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。